業務案内

 

☆☆☆ 創意工夫 もっと素直に、原点に帰って ☆☆
最も大切なことはお客様に満足していただくこと

設計姿勢
1使いやすさ、快適さ
2災害、非常時への対応
3維持管理、リニューアルのしやすさ
4意匠 コストアップや景観への悪影響がないよう
    華美に走らずバランスのとれたデザイン
5環境にやさしく

設計内容の目標
1誰にでも公平に使用できる
2使う上での自由度が高い
3簡単で直感的にわかる使用方法となっている
4必要な情報がすぐ理解できる
5うっかりエラーや危険につながらないデザインである
6無理な姿勢や強い力なしで楽に使用できる
7接近して使えるような寸法・空間となっている

業務
建築及びインテリア、スポーツ施設、公園の設計監理
建築、環境デザイン、造景の基本構想策定及びコンサルティング
上記に付帯関連する一切の業務

 

建築(住居、教育 医療 福祉 宿泊 文化 商業 業務 流通 農業 漁業 工業施設など
インテリア (住宅 店鋪 事務所 学校 など)
スポーツ施設(グラウンド コート プール ナイター設備など)
公園    (ポケットパーク 遊歩道 運動公園 など)

 

 

(住宅)や[施設]をつくるときの手順

 

 1基本構想、理念(希望的思い)[公約、総合計画]およその時期
 2基本計画   (時期・規模・予算・住まい方)

         [目的・時期・規模・予算・補助金・運営方針]立案
 3基本設計 {設計者の実務}

       建主様や事業主・運営者にとって解りやすい設計図を作成する
 4実施設計 {設計者の実務}

       工事施工者の見積りや工事のための専門的な設計図を作成する
 5工事監理 {設計監理者の実務}

      ・建設工事{工事施工者の実務}図面にもとずく住宅や施設

       工事完成が目標
 6施設運営 (建主様や事業主・運営者の業務、備品の調達を含みます)

 

 

住宅や各種施設が歓んでもらうものになるには上記の2基本計画が最も重要です
 

 

雅 設 計 概 要

 

所在地 〒830-0416福岡県 三瀦郡 大木町 八町牟田 37-1
     もしもし0944-33-1002(tel) 

     もじもじ0944-32-1273(fax)

この建物は鉄筋コンクリート造(RC造)で一部木造(W造)です。
1、2階の柱・梁・床は RC造、壁・屋根は木造です。

 

昭和58年(1983)雅設計を現地で創業

昭和62年(1987)同所に事務所新築 現在に至る・・・バブル直前に着工しました(運がよかった?)

登録 一級建築士事務所 福岡県知事登録
   保 険      建築士事務所賠償責任保険加入

   エコロジーハウス推進機構認証設計事務所(財)日本環境財団


所属団体 (一社)福岡県建築士事務所協会 (公社)福岡県建築士会 

     (一社)建築よろず相談支援機構 大木町商工会

 

表彰歴等
平成 4年(1992)大木町公共施設周辺整備事業 設計コンペ当選
平成 5年(1993)工藤邸第5回福岡県建築住宅文化賞奨励賞受賞(戸建住宅部門)
平成 6年(1994)酒蔵とせせらぎ公園(城島町)プロポーザル当選
平成 8年(1996)同上 第11回建設省手づくり郷土賞受賞
平成10年(1998)同上 第10回福岡県建築住宅文化賞優秀賞受賞(まちなみ部門)
平成14年(2002)「我 が 家 を 手 に 入れる前に読むQ&A80」共著
平成15年(2003)「我が家をリフォームする前に読むQ&A80」共著 
平成16年(2004)「マンションを手に入れる前に読むQ&A80」共著
平成20年(2008)「家づくり問答集」共著

平成20年(2008)「いい家づくりのQ&A100共著

 

主宰者 山口雅克  一級建築士、インテリアプランナー、
           (公社)福岡県建築士会正会員 (専攻建築士制度:まちづくり・統括設計)  景観委員

           (一社)福岡県建築士事務所協会 住宅委員会副委員長

           住宅省エネルギー技術者地域リーダー(設計者講習、施工技術リーダー研修)

           被災建築物応急危険度判定士
            震災復旧のための震災建築物被災度区分判定・復旧技術者 
           エコハウス設計管理士